FC2ブログ

エロ語呂世界史年号&日本史年号 +α

単なるおふざけじゃないぞ、実用度もバッチリ! 書籍版の補足・最新情報など。リンクフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『週刊現代』の書評で取り上げていただきました

週刊現代・表紙昨日発売の『週刊現代』の書評コーナー「リレー読書日記」(128ページ)で『エロ語呂世界史年号』を取り上げていただきました。

落語家の立川談笑さんに本書のバカバカしさと魅力を語っていただいています。
誠にありがとうございました。

実は私、以前に立川談笑さんの「イラサリマケー」という落語をネットで聞いて衝撃を受け、しばらくの間、毎日通勤中にiPodで聞いていました。

エロ語呂と通じるところのある落語です。もしかして、「イラサリマケー」を聞いていた日々に、潜在意識の中でエロ語呂なんてものを思いついていたのかも?

 押していただくと管理人がやる気になります→

テーマ:書評 - ジャンル:本・雑誌

コメント

こちらこそ

ありがとうございます。
いや~、とても素敵な本でした。

高校の世界史の先生がエロ語呂を多用してました。
「なあルイよ、オラアのファルスをスペシャルしてくれ」
何を意味するのか分かりませんが、フレーズは頭にこびりついています。

今後のご活躍を期待しています。

ビックリしました

談笑さん、コメントありがとうございました。
ビックリしました。

>「なあルイよ、オラアのファルスをスペシャルしてくれ」

エロの意味はわかりますが、世界史のどの事件の語呂なんだかはわかりません(笑)。
ぶっとんだ先生だったんですね。

談笑さんも、これからも「シャブ浜」「イラサリマケー」のような、ぶっ飛んで毒のある落語を作り続けてください。

失礼ながら、まだ高座を実際に拝見したことがないので、いずれおじゃまさせていただきます。
益々のご活躍、陰ながら応援しています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://almasola.blog98.fc2.com/tb.php/85-c2742f09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

『エロ語呂世界史年号』

約470年号を収録。実用性とバカバカしさを両立。

当ブログはリンクフリーです。

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

江口五郎

Author:江口五郎
今日も日本のどこかでひっそりと語呂を考えています。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

twitter

リンク

このブログをリンクに追加する

オススメ本!
 『ニセドイツ1・2』

旧・東ドイツへのレクイエム。 異次元文化の写真集&解説書。

RSSリンクの表示

管理用エリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。