FC2ブログ

エロ語呂世界史年号&日本史年号 +α

単なるおふざけじゃないぞ、実用度もバッチリ! 書籍版の補足・最新情報など。リンクフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エロ語呂世界史講義2:現在トルコがある場所は重要

■テキスト『エロ語呂世界史年号』の関連ページ
   →11・19・34・36・71・78・80・135・137・149・160・163・175など


こちらがすごく好きで親しみを持っているのに、向こうはいまひとつピンときていない。
そんな片思いってありますよね?
日本に対してそんな片思いをしている国がトルコ共和国です。

1890年のエルトゥールル号(トルコの軍艦)遭難の際に日本がトルコ人を救出したり、1904年の日露戦争〔→160ページ〕で日本がロシアを破った結果、トルコが解放されたりということから、トルコは日本に恩を感じてくれています。

最近でこそ、あちこちの屋台でドネル・ケバブ(回転式焼き肉)が売られるようになり、眉毛の太い濃ゆい顔のトルコ兄ちゃんたちが増えてきましたが、まだまだトルコに関しての認知度はそれほど高くないような気がします。

たとえば、あなたは世界地図上で正確にトルコ共和国の位置を示すことができますか?
おそらく正確にトルコの位置を示すことができる日本人は100人中37人くらいでしょう。
この記事の最後に地図を載っけておきましたのでご覧ください。

現在トルコ共和国がある、この半島をアナトリア半島または小アジアと言います。どちらも世界史を学ぶ上で覚えておきたい地名です。

「アナトリア」とは、ギリシア語で「日が昇る場所」という意味の「アナトリコン」が語源です。
「穴」という単語が入っているため、大変エロ語呂向けの地名となっています。
二千年以上も経って、はるか彼方の島国で、そんなくだらない用途で「アナトリア」という言葉が用いられるとは、古代ギリシア人たちもさぞかし無念でしょう。

それにしても「小アジア」という呼び方はいかがなものでしょうか?
元々はヨーロッパの人たちは、アナトリア半島のことを「アジア」と呼んでいました。

ところが、アレクサンドロス大王が「わはははは! アジア征服じゃあぁーーーっ!」と叫びながら、アナトリアを占領し、さらに東へ東へ領土を広げるうちに〔→19ページ〕、かなり広い範囲が「アジア」と呼ばれるようになりました。

そこで元々のアジアだったアナトリア半島を「小アジア」と呼ぶようになったのです。
どうもこのあたりの言語感覚が現代日本人とは異なるようです。
現代日本人なら「元祖アジア」「本家アジア」、または「元アジア」「本アジア」などと名付けるのではないでしょうか?

神奈川県に湘南地方という地名があります。大磯が発祥で、徐々にその範囲が広がっていきました。
だからと行って大磯を「小湘南」と名付けたら、大磯の人々はちょっとばかり気分が悪いのではないでしょうか? 

日本ではどちらかというと、「小」の字は「小京都」のように、「オリジナルでない方」を指すようなイメージがあります。
それに「小湘南」では「少々難」と聞こえて、ますます気分を害しそうです。


それなのに、現在トルコ共和国があるアナトリア半島を「小アジア」とずっと呼ばれ続けています。


話は必要以上に逸れて大きく蛇行しましたが、とにかく「アナトリア半島(=小アジア)」の場所はぜひ覚えておきたいものです。

古代のヒッタイト帝国が栄えた地〔→11ページ〕、ビザンツ帝国オスマン帝国の主要部などなど、非常に重要な歴史の舞台となってきた場所なのですから。

ここを押さえておかないと、世界史を学ぶ上で知識に大きな穴が空くことになります。
その穴、とりあえず埋めておきましょう。

お後がよろしいようで。

アナトリアの位置

《おすすめの本》
やっぱりトルコといえば、まずこの本でしょう。ほのぼのとしたマンガの中にディープなトルコ情報が満載。読めばきっとトルコに行きたくなったり、トルコ語を勉強したくなるはず。全5巻。



 押していただくと管理人がやる気になります→

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://almasola.blog98.fc2.com/tb.php/106-3be157ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

『エロ語呂世界史年号』

約470年号を収録。実用性とバカバカしさを両立。

当ブログはリンクフリーです。

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

江口五郎

Author:江口五郎
今日も日本のどこかでひっそりと語呂を考えています。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

twitter

リンク

このブログをリンクに追加する

オススメ本!
 『ニセドイツ1・2』

旧・東ドイツへのレクイエム。 異次元文化の写真集&解説書。

RSSリンクの表示

管理用エリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。