FC2ブログ

エロ語呂世界史年号&日本史年号 +α

単なるおふざけじゃないぞ、実用度もバッチリ! 書籍版の補足・最新情報など。リンクフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素晴らしき言語感覚! 『ほったいもいじるな』

『ほったいもいじるな』 「ほったいもいじるな」とは、

"What time is it now?"

のこと。

中学校や高校時代に聞いたことありますよね?

「ほわっと・たいむ・いず・いっと・なう?」と発音するより、

「ほったいもいじるな」の方が通じやすいんだよ…って。

イギリスの「ウエストケンジングトン」駅も

「上杉謙信」と発音すると通じるなんてことを本で読んだことがあります。

これらは「英語の決まり文句は日本人にはどのように聞こえるか?」を表したもの。

そして、この本ではその逆をやっています。

つまり、「日本語の決まり文句は、英語を日常語とする人にはどのように聞こえるか?」を追究しています。
著者の根本さんはこれを「ほったいも変換」と名付け、実に700以上もの例を挙げて説明しています。


私が個人的に一番気に入っているのがコレ。

「匹夫の勇」(ひっぷのゆう)

日本語の意味:やみくもに血気にはやるだけの浅はかな人間の勇気のこと。
(同書の解説より)

これが英語圏の人には

"Hip know you." (尻はあなたを知っています)

と聞こえるらしいです。
「三単現のsはどうした?」とか細かいことはいいっこ無しです。

わっはっは、尻に知られちゃあ、しょうがないなあ。
観念するしかないか…。

と、なぜかそんな気になってきます。

このテの言葉遊びの難しさは身をもって知っているだけに、このブログではあまりネタばらしできませんが、おそるべき言語感覚です。ブラボーでワンダフルです。

さて、同書のコラムの中に「ほったいもメイキング」というページがあって、そこに「ほったいも変換」の方法が書いてあるのですが、これが実に共感モノ。

ある決まり文句にいろいろな英単語を当てはめてゆく。正解はひとつではなく、いくつものパターンを作る。

その中からちょっとでも、「短文で単語数が少なく、逆翻訳がシュールなもの」を探してゆく。

なかなかアイデアがでないと思ったら、あるとき突然天啓が下ってバッチリな語が見つかる。

これって、まさにエロ語呂作成にも言えることなんです。

語彙と格闘しながら、自分のこだわりにちょっとでも近い文章を組み立ててゆく楽しさと苦しさ。
甘さだけでなく苦さも混じっていた方が味わい深く感じるところがオトナの遊びなんですねぇ。

『ほったいもいじるな』は、すでに有名なブログの書籍化なので、ご存じの方も多いと思います。

言葉遊びについては、著者は私にとってはいわば「先輩」。
その先輩が自分と同じような感覚と方法論を持っているということが、なんだかとてもうれしいわけですよ。

著者が英語を話せないというのもビックリしました(謙遜だと思いますが)。

脳学者じゃないからわかりませんが、「ほったいも変換」を考えたり、CDを聞きながら日本語と英語の両方の意味をとらえようとしている時って、脳の血流が活発になっているんじゃないでしょうか?

つまり、脳みそに良いんだと思います。
ただのサブカル本だと思ったら、大間違い! なのかもしれません。
単純に読み物としても面白いのですが、脳を活性化したい人にも超オススメです。

  

 押していただくと管理人がやる気になります→

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

コメント

ありがとうございます!

はじめまして! 
ほったいもいじるなのnemota(根本)と申します。
この度はこんな素晴らしいレビューを書いていただき感激しています。本当にありがとうございます。

>語彙と格闘しながら、自分のこだわりにちょっとでも近い文章を組み立ててゆく楽しさと苦しさ。
甘さだけでなく苦さも混じっていた方が味わい深く感じるところがオトナの遊びなんですねぇ。

この感覚、まさにそうです。もう同志!とい呼んでいいですか?。なんなら今度飲みませんか?(笑

本当にありがとうございます。とともに、こういうつながりを作ってくれた編集者、濱崎さんに感謝したいですね。

いえいえ、こちらこそ。

nemotaさん、はじめまして。
訪問して頂いてありがとうございます。

「ほったいもいじるな」のブログもすごいですが、一冊の本になると壮観ですね。

CDは車の中で聞いてニヤニヤしています。
怪しいドライバーですね。
本当に、日本語の決まり文句のように聞こえるからスゴイです。

nemotaさんには同じ匂いを感じ、私も同志のような感覚を持っています。

いずれ言葉遊びについて語り合いたいですね。

濱崎さんにはいろいろとご迷惑をおかけしているのですが、このような縁を作って頂いたことには本当に感謝しています。

今後もよろしくお願いします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://almasola.blog98.fc2.com/tb.php/102-7a65dbcc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

『エロ語呂世界史年号』

約470年号を収録。実用性とバカバカしさを両立。

当ブログはリンクフリーです。

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

江口五郎

Author:江口五郎
今日も日本のどこかでひっそりと語呂を考えています。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

twitter

リンク

このブログをリンクに追加する

オススメ本!
 『ニセドイツ1・2』

旧・東ドイツへのレクイエム。 異次元文化の写真集&解説書。

RSSリンクの表示

管理用エリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。